Registre

観たもの行ったところ読んだもの

節分祭めぐり

2016年2月3日(水)

 

京都のお寺を三件回って節分を思う存分楽しんだ日の話。

 

はい、まずは一軒目。もう来るのは4回目とかかな。

北野天満宮の「北野天満宮節分際」

 

 

f:id:m-laurant654:20160210231353j:image

まだ二月上旬だというのにもう梅がきれいに咲いていた。

北野天満宮といえば道真の梅!というイメージだしこれは嬉しい。

 

 

催し物が14時からで、まだ少し時間があったため、境内をぷらぷらと歩いていたら

「長五郎餅」という暖簾を掲げたお店を発見。いや、私北野天満宮何回か来てるはずなのにはじめて見たな…。

 

長五郎餅ってどんな餅か分からんけどせっかくやし食べてみるか!ということで、煎茶とのセットを注文。お店には火鉢が置いてあって手を温めながら待つこと数分。

 

 



f:id:m-laurant654:20160210231450j:image
 
普通においしいやつやこれ!と見た瞬間思いましたよ長五郎餅。
中にあんこが入っていてほんとに普通においしいやつでした。
 
で、長五郎餅とはこはいかに。ちゃんと店内に説明が書きがしてあった。
 
「今から400年あまり前のこと。京都・北野天満宮の縁日になると決まって現れる一人の老人がいた。境内の出店の者に小さな餅を5,6個売ると去っていく。どこから来てどこへ帰るのか誰も知らない。薄い餡皮にあんを包んだ上品な餅で、次第に評判になった。ある時、一人が老人に尋ねると「河内屋長五郎」と名乗った。
天正15(1587)年10月、九州平定を終えた豊臣秀吉北野天満宮の松原で大茶会を催すことになり、市中に高札を掲げて上下の別もなく参加を呼びかけた。
長五郎も出店仲間に言われて茶屋を出し、秀吉に餅を献上したところ大層気に入られ。「以後『長五郎餅』と名乗るべし」と命名されたという。」
 
 
思っていたより歴史が深かった。和菓子の歴史とか勉強するのも楽しそう。
 
 
 
 
 
そうしているうちに時間になったので、舞台前に移動。
 
上七軒の芸舞妓さんによる日本舞踊の奉納。
舞妓さんかわいい美しい。日本舞踊とかやりたいな~と思う。やっぱり古典的な動きってすごく独特。ちゃんと勉強してみたいなー。
 
 
f:id:m-laurant654:20160210231537j:image
 
 
 
 
 
 
 
このあとに、茂山千五郎社中による「北野追儺狂言」奉納。
茂山千五郎さんってこの前観た人かな。どうだったっけ。
狂言師さんの中には女の人もいて、女の人が演じてるのは初めてみたな。
 
 
 
日本舞踊も狂言も終わり、最後に豆まきか~。と暢気に構えていたが、認識が甘かった。
 
豆が入ってる袋がまかれた途端、え?人の波やばい、みんな必死すぎでしょう!笑
 
 
 
f:id:m-laurant654:20160210232539j:image
 
 
……いや、ほんとにすごかった。基本的に見に来ていた人の年齢層は高かったのだけど、おじさんもおばさんも必死で手を伸ばす。押し合う。尻餅をつくおじさんもいて、いやいや普通に危ないよこれ!
「人間の欲望がすごい」「ライブハウスみたい」「必死すぎすごすぎ」と後輩と言いながら笑いながら、なんだかんだ豆が欲しくてみなさんと共に手を伸ばしていた。
 
 
 
 
 
f:id:m-laurant654:20160210232614j:image
 
 
結果。福豆ゲットです。
まあ本当は私一つも取れなかったんだけどね。後輩が二つ取ってくれて一つくれましたありがとう。
 
壮絶なる豆まき大会を途中で抜けて宝物殿へ。
 
前にこんな人がいましたよ。
 
 
 
 
f:id:m-laurant654:20160210232633j:image
 
 
刀剣乱舞の髭切さん。(私はやってないから詳しくは知らないけど)
最近京都攻めてるね~。
 
記事が↑まで書いて放置していた。(現在5月19日)
せっかくやしちゃんと完成させます。
 
はい、宝物殿の中へ。
 
 
f:id:m-laurant654:20160210232652j:image
 
本物の髭切!これはテンション上がる。
平清盛でも出演していた源氏の刀。頼朝に喝を入れた時に、地面に刺した時のことを思い出すわ。
 
うろうろと見てから、北野天満宮を立ち去り、次は千本釈迦堂へ。
ここでの節分祭りの名前は、「おかめ節分祭」
 
 
 
 
入口付近で無料で日本酒配ってました。
 
f:id:m-laurant654:20160210232707j:image
 
 
こういうときに欲が出てしまって、日本酒苦手なのに量多い皿を取ってしまうのが私です。
おかげで祭り中ずっと体がぽかぽかしてました。
 
 
 
 
f:id:m-laurant654:20160210232718j:image
 
またまた、舞妓さん。美しいです。
 
 
 
続いておかめ像前にての法要。観客の真ん中で区切られて、運よく真ん前にお坊さんと狂言師の方々が通ることに。
 
f:id:m-laurant654:20160210232740j:image
 
 
近づいてくる行列。
 
f:id:m-laurant654:20160210232754j:image
 
鬼だ!!!!
 
 
あれ、鬼集団の中に見覚えのある顔が…
 
 
f:id:m-laurant654:20160210232809j:image
 
茂山逸平さんだ!!!!!すごい!!
 
本当にこのとき手を伸ばせば届く距離にいました。うわ~
 
 
帰路も写真撮りました。
 
f:id:m-laurant654:20160210232824j:image
 
あと、ここでの狂言は茂山狂社中の方々がやってくださっていたみたいで、鬼の面でどれかわからなかったけど、茂山宗彦さんもいたみたい。この日の朝にTwitter仰られてました。
 
 
f:id:m-laurant654:20160210232835j:image
 
狂言奉納。わかりやすくて滑稽で面白かったです。
 
 
奉納が終わって、次は……はい、地獄の豆取合戦です。
 
 
 
 
 
f:id:m-laurant654:20160210232854j:image
 
 
戦利品。ラムネとピーナッツ。みんなこれの為に必死になるのか…
 
 
 
 
 
f:id:m-laurant654:20160210232906j:image
 
 
境内にあるおかあめ塚。“縁結び”“夫婦円満”“子授け”にご利益があると言われているらしい。
 
 
 
 
 
 
 
そして、本日ラストとなりました。千本えんま堂の「強運節分祭」
 
 
もう暗いよ!
f:id:m-laurant654:20160210232917j:image
 
 
 
f:id:m-laurant654:20160210232927j:image
 
 
 
 
 
念仏狂言奉納。小さい子出てて可愛かった。
 
f:id:m-laurant654:20160210232937j:image
 
 
まあこれが終わったあと、豆まきです(写真はない)
席で区切られてたから、他二つよりはましだったような。
撒かれていたのは黒い豆でした。(中にはあたり混じってたらしく。その豆持っていったら結構いい景品と変えてもらえたっぽい。
 
 
はい、以上節分祭めぐりでした。
もう二か月前の話だけどね!