Registre

観たもの行ったところ読んだもの

「立合狂言会」

2016年1月11日(月)

「立合狂言会」を金剛能楽堂へ観に行った。

2016年観劇はじめ。

 

過去に三回ほど学校で募集している市民狂言に行ったことがあるのでまだ狂言は馴染みがある方だと勝手に思っている。(そろそろちゃん能も観に行きたい)

チケットはネットで予約するとどう頑張っても手数料かかるっぽかったので金剛能楽堂に直接電話して予約。

 

 この「立合狂言会」の企画は、昨年から始まったものらしく、狂言の流派や家の垣根をこえて、次代を担う若手の狂言師が集い、経験を積む公演として作ったものだそう。

その趣旨をあまり把握していないまま行ったのだけれど、演目が始まる前に、大蔵流を代表して茂山千三郎さん、和泉流を代表して野村万蔵さん、二人で出てきて、今回の公演について説明されていた。

二人共すごく和やかな雰囲気で、和泉流大蔵流の違いについて、私のような素人にもわかりやすい説明だった。

実際に、「壺に入っている水飴を食べる」という動作を実演されていて、違うということが一目瞭然だったので凄いな~、と。和泉流は様式美として、大蔵流はリアルさを、とおしゃっていました。

 

演目は「茶壷」「腰祈」「長光」「苞山伏」「二人袴」。「茶壷」は一度市民狂言でみた演目だったけど、演じている人が違うというだけでまた違う作品のよう。

「長光」は田舎者がわくわくとお土産を眺めている姿が可愛らしい。あと、すっぱが最後に上着を脱いだ時に今までの盗品(?)がたくさん携えている姿も滑稽で面白かった~。

「苞山伏」では、盗人が苞の中の飯をこっそり食べるシーンで、山伏が起きる!という瞬間に苞をぽんっと投げ捨てていたのが、狂言ってこんなことしていいのか!と驚き。笑った。あと、山伏の術で、盗人が引っ張られていくさまも面白いかわいい。

最後の「二人袴」。私はこの話が一番お気に入り。兄弟で一つの袴を交互に着て、途中で太郎冠者がやってきたときにビリっと二つに破けてしまう。その時のやってしまった感がとても喜劇らしくていいなと思った。その後、二人で袴を半分ずつ着て、後ろを見られないようにしようと、カニ歩きで移動したり、舞を一回転せずに踊ったり、苦戦する様子がとてもおかしかった。最後に演者さんが全員出て、「附祝言」を歌って終了。

そのあと、再び演者さん達が舞台に上がって記念撮影をされていて、それは撮影OKだったので、私も皆さんにまぎれて写真をパシャパシャと撮ってから退散。皆さんとてもいい笑顔でした。

 f:id:m-laurant654:20160112234723j:image

4回目の狂言だったけど、回数を重ねるごとにおもしろいなと感じるようになっていってる気がするな。次行った時は更に面白いなと感じるようになってるのかな。今から楽しみ。