読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Registre

観たもの行ったところ読んだもの

グラスホッパー

映画
2015年12月11日(金)

後輩と共にグラスホッパーを観に行った。
場所は二条のTOHOシネマズ。

伊坂さん大好きなのでもちろんのこと原作のグラスホッパーは読了済。
しかし、いかんせん読んだのが随分昔(中学生のころ?)すぎて、あんまり内容を覚えておらず、あえて再読せずにそのままの状態で鑑賞。

以外感想。箇条書きで思ったことを適当に。




・鈴木のヘタレ具合が愛らしい。とてもかわいい。
・鈴木も蝉も鯨もみんなはまり役で素敵だった。
・ハロウィンの群衆っていうのがリアルで、こういう事件が実際あっても不思議ではないな〜と感じゾワッとした。
・鯨と蝉の戦いのシーンかっこよかったけど、「え、鈴木は?」って誰もが思ったはず
・原作みたいに判子で名前が出てくるのいい!
・プロポーズの場所給食室(笑)
・伊坂さん作品らしからぬ血なまぐささ。映像化するとなおのことその感が出た。
・最後のピエロ設定は謎やったな。
・伊坂さんがハードボイルド小説書いてみたいって言って書きはったのがグラスホッパーっていうことを思い出した。


なんとなーく思い出しながらみていたけど、原作の世界観を壊さずに作っているのがいいなと思った。
そういえば昔、グラスホッパーとマリアビートルは連ドラか映画にできそう!やってほしい!って思った気がする。実現したな〜。
ということで是非マリアビートルも映画化でお願いします。私は蜜柑と檸檬が好き。

いろいろ突っ込みどころとかもあったけど、やっぱり伊坂さんの作ったキャラクターが映像化して動いてるっていうのはテンションが上がるな。
とりあえず、原作を読み返そうと思う。